販売について - sales policy - 人から人へ、伝えたい酒造りへの思い

手造りへの思い

黒龍酒造の前身にあたる石田屋は、初代石田屋二左衛門により江戸の文化元年(1804年)、永平寺町松岡に創業されました。この地は、かつて松岡藩が酒造りを奨励産業に指定するほど良水に恵まれた処であり、そこで200年以上にわたって手造りの酒造りを継承しております。当蔵では、歴代の蔵元が残した「良い酒を造れば、人は必ず支持してくれる」という言葉を信念に、伝統の酒造りを守り、生産量は追わず、常に品質の向上に取り組んでいます。

商品への思い

手塩にかけて育てたお酒は、まるで我が子のように思えます。ラベルを貼り、化粧箱に入れて商品を出荷する時には、自分の娘に綺麗な着物を着せて嫁に出すような気持ちになるものです。1本1本、丁寧に仕上げられた商品は、冷蔵管理の行き届いた酒蔵の中で出荷の時を待ち、各地へと旅立っていきます。また、手造りゆえ1醸造期に仕込めるお酒の量は限られているため、商品によってはお客様にご迷惑をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます。

思いを伝える特約酒販店

当蔵では清酒販売における専門的なサービスの提供と商品の品質管理の面から、インターネット通販ではなく、お近くの黒龍酒造特約酒販店での対面販売によるお求めをお奨めいたしております。整った冷蔵設備と確かな知識と経験をもった清酒販売のプロショップだからこそ、私たちのパートナーとして、米、水、そして酒造りに込められた蔵元、蔵人の思いを、お客様にお伝え頂けることと信頼しているからなのです。利便性が求められる時代におきまして、お客様にお手数をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を頂戴いたしますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム
安心してお買い求め頂けるお近くの特約酒販店様をご紹介いたします。
黒龍ブランドストーリー
当蔵の酒造りへの思いを連載しております。