黒龍ブランドストーリー

「味わう」という一瞬に、知恵を絞る。

創業1804年(文化元年)。

初代蔵元 石田屋二左衛門以来、手造りの日本酒を追求して来た黒龍。

水質に優れた土地柄や松岡藩が奨励したこともあり、全盛期には17を数えた酒蔵も、今となっては石田屋の屋号を持つ黒龍酒造と、他一軒。

これは伝統文化である日本酒造りを頑ななまでに守り続けた結果である。

七代目蔵元水野は同じ醸造酒としてのワインに深い興味を抱き、フランスやドイツを歴訪。

ワイン同様に日本酒を熟成できないかと試行錯誤を続ける一方で、少量で高品質な酒造りだけを追求し続けていった。

そうして生まれたのが大吟醸「龍」。

市販ベースにはなり得ないという酒造業界の常識に屈することなく、全国に先駆けての大吟醸酒の商品化であった。

他の酒よりも高額だったことは、酒蔵としての意地でもあった。

思えば酒は古来より、ハレの日に欠かせないもの。日ごろ、仕事に励む人々が数少ない祝祭の場で口にしたものであった。

そんな伝統的な文化である日本酒の良質な部分を守り続ける。

そして、そんな姿勢に強い共感を示す若手の蔵人たちのたゆまぬ努力が、日本中、世界中の愛飲家たちを虜にしてしまう所以だろう。